メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

会社商標の由来及び、沿革

2014年10月、おかげさまで株式会社ラスコは創業50周年を迎えました。

社員一同、豊かな未来の創造に向け技術の探求に努め、モノ造りを通じて社会に・子供たちの未来に役立てる企業でありたいと願っています。

会社商標の由来

yurai.jpg

沿革

1964年10月 

東京都文京区において"昭和冷機株式会社"を設立

(大型冷凍・冷蔵倉庫、店舗用冷凍・冷蔵設備を主とする設備工事業)

※ 東京オリンピック開催・東海道新幹線開業の年

1965年1月

東京都豊島区巣鴨に本社機能・営業所を移転

1980年3月 

事業拡張に伴い埼玉県戸田市早瀬に"埼玉工場"を開設

(半導体製造装置関連事業に参入/事業形態を設備工事業から製造メーカーに移行する)

1986年7月 

滅菌装置関連事業に参入

(主としてEOG滅菌装置の製造を手掛ける)

1991年3月 

埼玉県戸田市新曽に"本社工場"を開設

(本社機能を移転)

1991年8月 

株式会社ラスコに社名変更

(製造メーカーとしてグローバルな展開を行う為の第一歩を踏み出す)

1996年4月 

埼玉県戸田市新曽柳原に新本社工場(機器事業部)を開設

(旧本社工場はクリーン事業部に改組・埼玉工場と合わせて3工場体制となる)

2002年8月 

事業拡張に伴い埼玉県北埼玉郡大利根町(現加須市)に新社屋(本社工場)を開設

(点在した工場・倉庫を大利根町(現加須市)集結する)

2002年11月 

本社機能を新社屋(本社工場)に移転

(移転に伴い戸田市の3工場は閉鎖)

2008年10月 

第二工場開設

(本社工場を第一工場に改名)

2010年7月 

株式会社大気社殿と業務提携を締結

(大気社のグローバルな営業力とラスコの創造力のシナジー効果を探求する)

2013年12月 

本社登記・工場機能を第二工場に集結

(株式会社ラスコ本社工場に改名、これに伴い第一工場は閉鎖)

2014年10月 

創立50周年を迎える

ホーム > ABOUT US > 会社商標の由来及び、沿革